無理をして「outdoorらしさ」にこだわることはない。こだわりを捨て、outdoorらしくないことを適度に組み合わせよう。それが「徹底しないアウトドア」
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > アウトドア入門 > 『徹底しないアウトドア』 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 1.『徹底しないアウトドア』とは … (2)こだわりを捨て「らしい」と「らしくない」を組み合わせよう

そこで、私はある日のキャンプで
バンガローに泊まって、夕食はレトルトカレー、朝はコンビニ弁当。そして携帯電話を積極的に活用する」ことにしました。

何となくアウトドアの理想的なイメージとは違います。「アウトドアらしく」ありません。キャンプの達人には邪道と言われそうです。

しかし、このキャンプで「釣りをしたいのにできない」という私の悩みは一気に解消しました。バーベキューも楽しいテント生活もできませんでしたが、釣りにはたっぷりと時間を使うことができました

自分が本当に楽しみたいことのために、持ち物や宿泊場所を決めるのが自然です。当たり前のことですが、ことアウトドアに関しては忘れがちなことでもあります。

特に、用具を一式買いそろえてキャンプに行く「形から入るタイプの人」が陥りやすいのです。

私がそうでした。無理をして「アウトドア」をしようとしていたのです。

少しだけこだわりを捨て、「らしい」と「らしくない」を適度に組み合わせてみましょう。無理に「アウトドアっぽさ」で一貫することはありません

それが私の考える『徹底しないアウトドア』です。

このコンテンツを読んだ皆様の「ご感想」
home前ページ この巻の目次へ 次ページ

さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > アウトドア入門 > 『徹底しないアウトドア』 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.