除雪三姉弟大活躍。排雪業者が来るまでに雪を道路に出す作業。カーポートの雪庇落とし。ホッケの一夜干し作り。キャッチボール。サッカー助っ人。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 他あれこれ >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 他あれこれ(2014年)

排雪業者と除雪三姉弟
(a)
排雪業者と人海戦術

2014年1月2日朝、自宅前の雪かき(写真a)。

頭の中をグルグル回るのは『だんご三兄弟』のメロディー

 ゆきが つもれば じょせつ
 シャベル かついで じょせつ
 ダンプ りょうてに じょせつ
 じょせつ さんきょうだい♪

雪を中途半端に残したくない。排雪業者の重機が到着するまでがタイムリミットだ。道路にひたすら雪を積み上げる作業は、人海戦術が最も効果的である。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.465 動画ロータリー車で排雪作業
           (1952kb.20秒間.asf形式)
  No.466 動画ホイールローダーで排雪
           (2823kb.29秒間.asf形式)
過去のアウトドア動画

今日もフル回転除雪三姉弟。ありがたやありがたや。

▼追記 2014.1▼
除雪作業時の鼻歌は、きゃりーぱみゅぱみゅとかが最適。適度に力が抜け身体に大きな負担がかかるのを防ぐことができる。逆に、士気を高めるような曲は避けた方が無難だ。私には過去に、クイーンのウィアーザチャンピオンを口ずさみながら除雪して腰を痛めた、というせつない思い出がある。
▲追記ここまで▲
h
庭で雪遊び(かまくら作り)
(b)
さっぽろ雪遊び事情

2014年1月4日。子供達3人かまくらづくり(写真b)。

札幌のこの時期の雪はさらっさら。雪だるまを作るには粘性が足りない。本気大作に取り組むなら、大きなタライで雪と水を混ぜ、ドロドロ雪を大量に作る必要がある。雪玉をころころ転がすと大玉になるというマンガのような光景は、ここ札幌では幻想にすぎない。

その点、かまくら作りは雪をドーム状に積むだけ。あとはひたすら掘るべし、掘るべし

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.467 動画雪を積む。庭でかまくらづくり
           (1130kb.11秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

我が家の子供達はといえば、かまくら作りを通して「仲間割れ」と「仲直り」をひたすら繰り返していた。【h
カーポートの雪庇落とし
(c)
雪庇落とし

2014年1月14日、カーポートの雪庇落とし。

屋根から突き出た雪を、少しずつ削っては落とす。子供の手伝いとしては、わりとスリリングな部類に入る作業。

この世に生を受けて以来ハイリスク・ハイリターンが信条の長女(小5)は、一度に大量の雪を落とす「一網打尽作戦」で雪庇に挑んだ(写真c)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.470 動画カーポートの雪庇落とし
           (4375kb.46秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

よけきれず雪塊の直撃を受けるのはギャンブラー宿命だから自業自得として、それを「めっちゃたのしー」とはしゃぐ彼女と“慎重派男子会”とが理解し合える日は永遠に来ないと思われるのだが、どうだろう。【h
イグルー風
(d)
イグルー的な何か

2014年1月19日。自宅の庭

かまくらに居住空間的な限界感じていた3姉弟は、在来工法に見切りを付け、圧雪ブロックを積み上げるイグルータイプの「何か」を製作した(写真d)。

3人の英知を結集したものの、天井を塞ぐすべがとうとう見いだせずに終わったその「何か」は、横風だけは辛うじてしのげるオブジェ風。冬休みの自由研究ってことにして、その建築理念だけでも小学校に提出してみてはどうでしょうか。【h
残雪期のキャッチボール
(e)
残雪期のキャッチボール問題

2014年3月23日、自宅前。

真冬感払拭しきれない札幌でなぜ息子はキャッチボールをしたがるのか、インドア人間寒がりな小3男子をそこまで駆り立てるのは一体何なのか、息子以上に寒がりな父親をそれに付き合わせるのはいかがなものか、という由々しき問題について(写真e)。

ここ数日、駒苫が初戦突破するわ日ハム新人の岡がブレイクするわで、息子に取り憑いた野球霊がロボット霊に連戦連勝しているのがキャッチボール問題の原因なワケだが、それにつけても指先の冷たさよ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.477 動画残雪期のキャッチボール
           (891kb.8秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

この時期唯一の救いは、感覚を失った指先で暴投しても、残雪が転がるボールを止めてくれること、その一点に尽きる。【h
自家製のホッケ一夜干し
(f)
自家製のホッケ一夜干し

2014年5月17日、自宅の食卓。

長男(小4)が初めて釣り上げたプライスレスなホッケ(写真f)。

身も心も開かれたその姿は、真っ二つに分断された背骨が左右の半身に互い違いにこびりついている、という点で売り物とは決定的に異なる。力に任せた息子の包丁さばき原因なわけだが、その思い切りの良さを彼の人生におけるもっと重要な局面発揮できないものか。

うまいうまいと骨までしゃぶる子供達には本物の北海道の味覚を、にはエンゲル係数低下の朗報を、私自身には金で買えない「釣り時間」をもたらした16尾のホッケ達。もらわれていった数尾のホッケも、別の形の幸せを届けていればいいなと心から思う。

それはそれとして、身を固くして出番を待つ予備軍が未だ冷凍庫の大半を占拠する事態は、近日中に解決すべき課題だ。【h
三女のナイフデビュー
(g)
四剣士の末っ子、ナイフデビュー

2014年5月某日、自宅キッチンにて。四兄妹の中で、最も早い刃物デビュー(写真g)。

ナイフで切断すると見せかけて、指でキュウリちぎる三女2歳2ヵ月。手にしたナイフは、もはやアクセサリー程度の意味しか持たない。

いやいや、私が気がかりな点はそんな些末な問題とは次元が異なる。

何をそんなに急いでいるのか妻は長女が3歳で包丁デビューを果たしてから末っ子の三女に至るまで、刃物デビューの低年齢化が加速している。育成した四剣士の召喚を迫られるほど、妻の行く手を阻むキュウリは強大なのか。

心当たりはある。食事を作っても作っても一瞬にして食い尽くされる“ハイエナの時代”に片足を突っ込んでいる我が家。手巻き寿司のネタや巨大ザルに山盛りのソバがビデオの早回しのように消えていくのが、日常の食卓風景だ。「一人が調理したものにその他大勢が群がる」という既存のシステムは、今や破綻しつつある。「大皿盛り期」から「自分で食べるものは自分で作りなさい期」への移行が妻の手によって急ピッチで進められている、とみてほぼ間違いない。

一方、三女を“ホッケさばき隊”のホープしてと迎え入れたい道楽者の父。2歳児の輪切りを誉めちぎり、好感度アップに余念が無い。妻と私それぞれの目論見水面下で粛々と進行している。【h
かけっこで1等賞だった次女、運動会
(h)
我が家史上初

2014年5月31日、小学校の運動会。

かけっこで1等賞だった次女小2(写真h)、騎手として騎馬戦で連戦連勝した長女小6、タミヤTシャツをがんとして着用しなかった長男小4。運動会において、どれも我が家史上初の出来事である。

3つの“史上初”のうち、最も不便を感じたのは「長男の脱タミヤ」だ。無地のTシャツを着た息子は、保護者席から見つけにくいことこの上ない。あれほど違和感を抱いていたツインスターに、今となっては懐かしさすら覚える。【h
助っ人で参加した次女、サッカー少年団
(i)
奇跡の17枚、サッカー助っ人

2014年6月22日、小学校のグラウンドにて。

サッカー少年団の練習試合に助っ人で参加した次女(小2)。ド素人の彼女が期待され且つ発揮できる能力は2つ、走力負けん気のみ。

ごく希に神懸かった動きでボールを操る一瞬がある(写真i)。計2時間の試合中トータルしても数秒に満たない、そんな“奇跡の瞬間”を切り取るのがカメラ親父与えられた使命だ。

「次女は女子サッカー界の救世主ではなかろうか」と私が今感じているのはもちろん錯覚で、その原因は、一瞬を切り取ったのち“奇跡”以外を記録から削除する一連の作業にある。撮影枚数350枚余り。そのうち手元に残ったのは17枚。

動画メールも同様、自分に都合の良い記録だけを削除せず蓄積していくと、勘違いしている自分に気付かぬうちに切ない結末が訪れる。【h
トンネルコネクトパッケージU、コールマン
(j)
満を持しての2ルームテント

2014年6月28日

かねてよりプレゼンテーションを繰り返してきた「ファミリーテント購入」の一件。このたび涙ぐましい努力の甲斐あって、我が家の財務省から「OK」の一言を引き出すことに成功した。購入したのはコールマントンネルコネクトパッケージU、49800円(写真j)。

勝因は
(1)ボーナスが出たばかりのタイミングだったこと。
(2)コールマン製品が安売りされていたこと。
(3)先日のイベントで、某社の超高額2ルームテント
  12万円也に衝撃を受けた直後だったこと。

今後、値が張るモノの購入交渉で大いに活用できそうなのが(3)の手口だ。ヤナセに立ち寄った直後にホンダで車を買うとか…他に上手い例が出てこないが、つまりそういうこと。【h
子供の玉子焼き作り
(k)
自分で作りなさい大作戦

2014年7月某日。

子供料理の夏休み”がまたやってきた。による「自分で食べるものは自分で作りなさい大作戦」の一環である。

朝食の担当は次女小2。献立は毎朝ほぼ同じ。玉子焼き(写真k)か目玉焼き味噌汁焼きソーセージサラダ白飯。調理の基本的なワザ反復して身に付けるのに、朝食作りは好都合だ。

次女は今のところ、コツを一つ一つ覚えることで精一杯。目玉焼きを半熟にできる確率は5割弱というところか。

夕食長女小6と長男小4が交替で受け持つ。レシピがあれば何とか作れる2人には、献立の決定から皿洗いまでトータルな取り組みが要求される。

この日、長男が選んだメインメニューはシューマイだ。「皮で包む作業」は女子会の手を借りていた。餃子のようにキッチリ包む必要が無く、並べたまま蒸すので形が崩れにくい。餃子以上に初心者向けである(写真l)。

かわいく盛りつけよう」とか「巨大シューマイを作ろう」とか、子供達が創意工夫意識するのは見た目に関わることがほとんど。ごく希に地味な“段取り”や“皿洗い”で頭を使う様子が見られたとき、おっ成長したなと感じる。

そして、「料理は楽しい!」というイメージを、幼かった子供達に数年間かけて刷り込んできた妻の長期的戦略に、改めて脱帽。【h
子供達のシューマイ作り
(l)
秋は夕暮れ、札幌市
(m)
秋は夕暮れ2014

2014年10月27日、日曜日の公園にて。

秋は夕暮れ。
夕日のさして紫だちたる雲の端(は)いと近うなりたる。電源など急ぎ熾して、写真機もて渡るも、いとつきづきし。やうやう白くなりゆく雪虫の多く飛び違ひたる。三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。日曜の夜はさらなり。日入り果てて、サザエさんの「んが、ぐぐ」など、はたいふべきにあらず。「じゃんけんぽん」になりて、わろし。【h
煮干しの頭取り
(n)
つまみ食いと自制心と

2014年年末某日、自宅にて。

にぼしが大好物三女に「あたま取り」を手伝わせるのは、おサルバナナの皮むき作業を依頼するのと同じくらい信用ならない。【h

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.502 動画煮干しの頭取りの手伝い
           (1296kb.11秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画



さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム >他あれこれ >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.