次女がスキーデビュー。姉と兄にハの字を教えてもらい悪戦苦闘。子供達による除雪作業。かまくら作り。ミヤマクワガタの飼育。秀岳荘のクマ鈴。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 他あれこれ >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 他あれこれ(2012年)






スキーで横歩き、公園デビュー
(a)
横歩きとハの字、公園デビュー

2012年1月3日、近くの公園にて。

常々「姉と兄がスキー場に行くこと」を羨ましく思っている次女。今日は、そんな彼女の待ちに待ったスキーデビュー戦だ。出発前からやる気満々である。

始めは斜面を「横歩き」で登る練習だ(写真a)。指導者は長女と長男。私は専属カメラマンに徹した。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.335 動画公園スキーで横歩き練習
           (897kb.9秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

登り切ったら、ハの字でまっすぐ滑ることに挑戦(写真b)。滑ることは何となくできるが、しっかりしたハの字をつくれない。“やる気”や“技術”以前に「体重と筋力不足」の問題が根っこにある。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.336 動画公園スキーでハの字練習
           (1098kb.11秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

10mほどの斜面を2〜3本上り下りして、ヘロヘロになった次女。最後はスキー板をビンディング(バインディング)から外すワザを覚え、本日は終了だ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.337 動画子供用のスキー板を脱ぐ
           (1379kb.14秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

彼女のモチベーションガソリンに例えるなら、「満タンからエンプティまで」一気にエネルギーを使い切った1時間であった。ゲレンデデビューまで遙かなる道のりと思われる。【h
スキーでハの字プルーク、公園デビュー
(b)












庭でかまくら作り
(c)
共同作業と仲間割れ

2012年1月7日。子供達3人かまくらづくりをした(写真c・d)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.338 動画3人仲良く庭でかまくらづくり
           (810kb.8秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

3姉弟の共同作業が始まると、

  → 仲間割れ
 → けんか
 → 誰かが泣きだす
 → 涙をふきふき母親に言いつけに行く
 → 「はいはい、そうですか」と話だけは聞く母
 → 聞いてもらい気が済んだら作業に戻る
 → 10分間前後は仲良く協力しあう
 → 

という不毛なループができあがる。かまくらづくりだけに限らない。レゴでも風呂でもおやつでも。ほぼ毎日だ。

ときに「三方一両損」的な“大岡裁き”が必要な場合はあるが、たいていは触らぬ神に祟りなしである。

まき込まれたくない父は、撮影だけ済ませさっさと家の中へ。避難は「無言・迅速」。【h
庭につくったかまくらでおやつを食べる
(d)
ボルタ、北海道発のボルト人形
(e)
「ボルタ」と「自作ぼる太」

2012年5月12日。

先日、滝野すずらん丘陵公園で見つけた北海道土産物「ボルタ(写真e)」。

ボルタとは、室蘭市にあるまちづくり団体“テツプロ”が作るボルト人形だ。ボルトやナット等を半田付けした作品で、全100種類を数える。

根っからのインドア人間工作オタク長男(小2)は、以前からボルタに強く惹かれていた。すずらん公園の土産物屋で発見したとき、彼は「No.29 ドリブル・ボルタ」を小遣いで即買い。税込735円也。私が選んだ写真eのタイプは「No.70 ハイ、チーズ!のボルタ」。突き出たレンズの感じが良くできている。

さかのぼること2ヶ月、長男がボンドで組み立てた「自作ぼる太(写真f)」。ネジマニアな彼は、道ばたに落ちている金属パーツを収集する悪癖がある。自慢コレクションを材料に作られたそれは、よくよく見るとボルトは1本も使われていない。ネーミングは「ネジ太」か「ナッ太」が適切か。【h
自作ぼるた、我が家発のボルト人形
(f)
タミヤTシャツ、かけっこ、小学校の運動会
(g)
駆ける!タミヤTシャツ

2012年6月2日。近所の小学校にて。

長男にとって2回目となる小学校の運動会。勝手が分かり、昨年以上に張り切っている。勝負服は、赤と青のツインスターでおなじみ「タミヤTシャツ」だ。

モーターやギヤBOXなどの機械的ギミックが大好きな彼は、このところ“タミヤ製工作キット”にハマっている。「任天堂」や「タカラトミー」以上に「タミヤ」は憧れのメーカーであり、パワーをくれる存在なのである。

「タミヤTシャツ」のメリットはいくつかある。
 ・他に着ている児童がいないので見つけやすい
 ・白赤青のコントラストが高く、AFが合いやすい
 ・体育的イベントで、“知的”雰囲気を演出できる。

しかしながら、弁当を一緒に食べて気付いたのは、そばにいる者には“インテリな感じ”より“違和感”の方が断然強いということだ。この違和感を味方にできるかどうかが勝負の分かれ目かもしれない。【h
ミヤマクワガタ、北海道開拓の村
(h)
ミヤマクワガタ狂想曲

2012年7月15日。

“北海道開拓の村”へ写生会に行った長男(小2)が、ボランティアの方にミヤマクワガタをもらって帰ってきた(写真h)。村内でたまたま見つけたものらしい。

夏休みのたびに挑戦した虫取りでは出会うことがなかった、憧れの「オス」のクワガタムシ。帰宅した息子の喜びようといったらなかった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.354 動画ミヤマクワガタのオス、札幌
           (669kb.6秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

彼は早速小遣いを持って100円ショップへ。餌用の昆虫ゼリーと皿木、昆虫マット(腐葉土)を購入。図鑑を見ながら夢中になって飼育箱を準備していた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.355 動画餌をなめるミヤマクワガタ
           (844kb.10秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

小学生男子にとって昆虫は、昔も今も趣味と科学の入口なのである。【h
秀岳荘白石店
(i)
熊よけの鈴、秀岳荘

2012年11月11日。秀岳荘白石店(写真i、札幌市白石区本通1丁目南2、TEL:011-860-1111)

先日次女八剣山登山に成功したので、ご褒美に“よけの鈴”を買いに行った。「頂上まで行けたら買ってあげる」と、八剣山トレッキング前日から約束していた。

秀岳荘”は、学生時代からお世話になっている。札幌では老舗のアウトドアショップだ。店員さんの知識が豊富で、品揃えは実用本位。自社で作ったオリジナル製品にもファンが多い。愛用山岳用テント“エスパース”は、1990年代に秀岳荘で購入した。

次女のクマ鈴は、一番小さくて良く鳴るカウベルを選んだ(写真j)。“VARRONE PREMANA italy 3/0”と刻まれているイタリア製(公式サイト)。500円でおつりが来た。

には、空沼岳トレッキングのあとに同じモノをプレゼントしている。長男はその後、渓流釣り山歩きにフル活用。近年、札幌市内でも南区あたりでクマ出没情報が頻発しているので、“お守り”以上の効果はあるように思える。【h
熊よけのカウベル VARRONE PREMANA italy 3/0、秀岳荘白石店
(j)
虹、札幌市内の公園にて
(k)


2012年11月12日。休みをとったのに、あいにくの雨とは。

下がりかけた気分ぐっと押し戻したのは、鮮やかで大きな(写真k)。次女を幼稚園バスまで送ったとき、運良く空にかかっていた。

こんなとき、カメラ親父しみじみと眺めたりはしない。見送りもそこそこに、一眼レフを取りに家に戻る。公園へ駆け込みながら「TAvモードでシャッタースピードは1/250…iso160か…f11は絞り過ぎかな…露出はマイナス?プラス?…」。息を切らしつつ、数分間で軽く50枚はいく。

良型釣り上げたときもほぼ同様のルーティン心拍数だ。写真におさめて、ようやくイベントは完結する。“たまちゃんのお父さん”症候群である。【h
除雪作業(雪はね・雪かき)
(l)
札幌除雪ブラザーズ

2012年12月16日、子供達3人と一緒に自宅前の雪よけ

12月の札幌市は記録的積雪。我が家は幸い家族が多いので、こんなときは本当に助かる(写真l)。

今年3月に第4子が生まれた育成プラン次第では数年後子供4人だけによる除雪が可能になるかもしれない。目指せ除雪四姉弟、夢は正夢だ。テーマソングは“だんご三兄弟”の替え歌で是非。

小さい子供でも扱いやすい除雪用具といえば、樹脂製のスコップである。階段などの狭い範囲を手際よく除雪するには、スコップに代わるものはない。先に金属がついているタイプなら堅めの雪でもOKだし、タイル等で先端が割れる心配がない。(その上「ソリにもなる」ということを長女に教わった

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.380 動画除雪スコップで階段雪かき
           (635kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

「雪はね(北海道弁除雪のこと。または、そのために使う道具)」と呼ばれる匙面が広く薄いスコップは、軽い雪用。その名の通り、雪をはじくように投げる(捨てる)のに向いている。柄尻にグリップが無いので、重く湿った雪をのせるとクルッと回りやすいのが弱点

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.381 動画雪はねスコップで雪投げ
           (1079kb.10秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

長男スノープッシャー(写真m)の扱いにだいぶ慣れ、「押して削る」と「のせて投げる」の使い分けができるようになった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.382 動画スノープッシャーで雪を削る
           (1203kb.12秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ママさんダンプ(写真n)を使えば一度に大量の雪を運べるが、大変なのはそれを雪山にのせるとき。上体だけで投げようとすると確実に腰を痛める。コツは、片脚でダンプごと押し上げるようにすること。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.383 動画スノーダンプで一連の作業
           (1264kb.12秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

それにしても、こんな除雪の話題コンテンツとして成立するのは、ニッチな記事を新鮮な気持ちで読んでくださる少雪地域の方々のおかげだ。少なくとも北海道在住者にとっては「何をいまさら」的なネタである。

いくら“ともだち”でも、それが身内であったとしても「興味がない記事は読まないし読まれない」というごく当たり前のことを、Facebookを始めたことで改めて実感できた。全国に住む不特定多数の匿名さんに無差別発信している方が、よほど“繋がっている感”を得られるという事実は、サイトを運営する上で大きな励みになる。

アナログ・デジタルにかかわらず、コンテンツで大切なのは物珍しい記録斬新な提案以上に「見せ方の工夫」である。自分の“ともだち”の少なさを棚に上げつつ。【h














スノープッシャー、雪かき
(m)
ママさんダンプ、スノーダンプ、雪かき・雪はね
(n)

















さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム >他あれこれ >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.