公園でそり遊びでスノボもどき。札幌運動会事情。魚柄のバックル。クワガタ虫の飼育。シジュウカラのヒナ。北海道の「外遊び」を動画で紹介。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 他あれこれ >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 他あれこれ(2011年)

ソリでスノーボードもどき、公園にて
(a)
新しい刺激を求めて、そりスノボ

2011年1月15日、近くの公園で。

スキーに慣れてしまうと、普通のそり遊び満足できなくなる。さらなるスリルを求め、長女が「スノーボード乗り」に挑戦(写真a)。

エッジが無いのでコントロールは利かない。ひたすらバランスをとるのみ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.308 動画スノーボード風そり遊び
           (1341kb.11秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

意のままに成らぬものほど、恐く、面白い。【h
ΙΧΘΥΣ(イクトゥス)魚バックル、レザーベルト、古着
(b)
魚型のベルトバックル

2011年3月27日。

古着屋で手に入れたレザーベルト。魚をモチーフにした真鍮製のバックルは、古びて鈍く光る(写真b)。

バックルに書かれた文字は、ギリシャ語でΙΧΘΥΣ(イクトゥス)。

イクトゥス:弧をなす2本の線を交差させて魚を横から見た形に描いたシンボルである。初期のキリスト教徒が隠れシンボルとして用いた。今日ではジーザス・フィッシュ(Jesus Fish)やクリスチャン・フィッシュ(Christian Fish)とも呼ばれている(Wikipediaより)

フィッシュマークが気に入って愛用してはいるが、私はクリスチャンではない。クリスマスしかり、ファッションである。【h






徒競走、小学校の運動会、札幌市
(c)
札幌の運動会

2011年5月29日、小学校の運動会にて。

札幌の運動会は、ほとんどが5月下旬〜6月上旬。昼食時、家族全員で食べる豪華弁当の仕込みに、前日から追われる(昔はグラウンドでサッポロビール片手にジンギスカンを始める家庭もあったと聞く。今はほぼ絶滅)。北海道春の一大イベントである。

早朝から激しい席取り合戦が繰り広げられる地域もあるようだが、うちの小学校では、事前のくじで席取りの順番を決めている。今年はわりと早い順番だったので、前の方の座席が取れた。子供達の張り切る姿が撮影しやすい位置だ。望遠レンズ(DA55-300 F4-5.8)で動く被写体を連写するのは難しい(写真c)。追い切れずピント外れまくり

そういえば、札幌の小学校体育の授業は「体操着」というものが存在しない。ジャージ等動きやすい私服で行われる。本州ほど汗をかかないという地域性からか。着替えずに済むし、経済的かつ合理的だ。【h
ノコギリクワガタのメス、札幌
(d)
クワガタ虫とシジュウカラ

2011年7月17日。

午前中、恒例の虫取りに行ったときに捕まえた(おそらくは)ミヤマクワガタメス(写真d)。公園の地面ではっていたのを長女見つけ、弟妹3人で大騒ぎ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.318 動画ノコギリクワガタのメス、札幌
           (619kb.6秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

帰宅後、長女はホームセンターで餌用の“昆虫ゼリー”を買ってきた。プラケースに土と小枝を入れ、飼育箱の完成だ。

クワガタ騒動が落ち着いた午後、数日前からピーピーと賑やかになった庭の巣箱をそっとのぞいてみた。中には、(おそらく)シジュウカラの成鳥とヒナ8羽。子供達手作りの巣箱初の住人は想定外の大家族であった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.319 動画巣箱のシジュウカラとヒナ
           (616kb.6秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

別の親鳥が餌をくわえて巣箱にもどると、ヒナが一斉に鳴き始めた。

我が家の“いきものがかり”がにわかに忙しくなりそうな、2011年の夏休みである。【h
巣箱のシジュウカラとヒナ、札幌
(e)
虫の見つけ方・調べ方・見分け方、北海道の昆虫を題材に
(f)
虫の見つけ方・調べ方・見分け方

2011年7月23日、札幌市ボランティア研修センターにて(写真f・北1西9リンケージプラザ)。

小学生以上を対象にした「サイエンスフォーラム(公式サイト)」が催された。今回は、『昆虫のみつけ方・しらべ方・みわけ方〜北海道の昆虫を題材に〜』というテーマ。北海道大学の大原昌宏さん(北大総合博物館准教授)のお話だった(写真g)。

入場無料に引かれ、先日クワガタを見つけた小3姉と、虫に興味ができてた小1弟を連れて行った。

内容は、大人でも難しく感じるくらい専門的。にもかかわらず、会場の小学生は、集中力を切らすことなく聞き入っていた。

質疑応答では、手を挙げる子供があとを絶たない。質問のレベルも高く、昆虫素人の私にはついて行くのが難しい。エンマムシ等、初めて聞く虫の名前がほとんどだった。

講演会の後、突然長女が大原さんにツカツカと歩み寄る。「クワガタの餌は、昆虫ゼリーの他に何をあげたらいいの?」。知らぬできぬが当たり前の子供達は、権威を目の前にしても臆することがない。【h
大原昌宏氏、虫の見つけ方・調べ方・見分け方、札幌リンケージプラザ
(g)

フイッシュランド会報誌「MARIN
(h)
『狙って釣る』ときた。会報誌掲載

2011年12月9日。

釣具を全道で販売するフイッシュランドの会報誌「MARIN(写真h)」に、私の記事が掲載されたのが半年前の夏。取材を受けたのは、その2年以上前のことだった。忘れた頃に発行されて、ちょいとビックリ。

自作ルアーのケースを持った写真の横に、『狙って釣る』なんてたいそうな題名がついている。記事の内容は以下のとおり(写真i)。

「自然の大きさに憧れ気が付いたら北海道に永住渓流釣りの虜になっていた。
 <中略> 渓流釣りは大学時代の先輩に誘われたのが切っ掛けだった。『渓流釣りの面白さは狙って釣ることに尽きる』。偶然ではなく自分の足でポイントを探り、それが的中した時の快感が忘れられないと云う。
 <中略> 独身の頃や結婚当初は夫婦2人で温泉めぐりを兼ねて道内のあちこちを遠征もした。礼文島では、30cmオーバーのアメマスの入れ食い状態に興奮した。夏休みを利用して知床半島へ出かけ1週間もテントを張ってオショロコマを釣ったこともあった。それにいつも付き合った奥さんも凄い。夫婦して根っからのアウトドア派でなければそうはいかないだろう。」

多少脚色された他人の文章は、かなり照れくさい。己のことはよくわからんが、妻については「根っからの」アウトドア派ではないと私は思う。むしろ「基本インドア、気分転換にプチアウトドア風」的な感じか。しかしながら「いつも付き合った奥さんも凄い」という記述は、全く以て同感である。

それと、「大学時代の先輩に誘われた」のは間違いで「職場の先輩」が正解。まあ、そんなこと誰も気には留めないけどね。【h
 
掲載記事、フイッシュランド会報誌「MARIN
(i)





さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム >他あれこれ >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.