公園の斜面を利用したそり遊びの動画。雪上の尻すべりも面白い。かまくら作りに竹とんぼに自転車。北海道の「外遊び」をあれこれ紹介します。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 他あれこれ >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 他あれこれ(2008年)

ソリ遊び
(a)
ジャンプと尻すべり

2008年1月12日、近くの公園で。

そり遊びの季節がやってきた。まだ積雪は少ないとはいえ、ソリをするのに充分な雪が公園にはある。

娘は昔見せたような無茶はしなくなったが、スピードに変わる「新しい刺激」を求めて、自らジャンプ台に突入した。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.183 動画ジャンプ!そり遊び
           (288kb.5秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

激突を経験したトラウマから、解き放たれつつある息子。父と姉にはさまれ、ようやく笑顔でソリに乗れるようになった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.184 動画ソリも笑いも止まらない
           (457kb.9秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

後半は尻すべりに挑戦。ソリに比べ摩擦が大きいので急斜面が必要だ。尻だけより全身で滑ったほうが、圧力が分散して抵抗が減る。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.185 動画爽快!尻すべり
           (356kb.7秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

理屈抜きで全身で楽しむ息子の姿は、見ていて心地良い。【h









庭に積もった雪、積雪1m
(b)
かまくら作り

2008年3月2日。雪解けの季節がやってきた。庭の雪を掘る「融雪作業」の開始だ。

どうせ掘るなら労働に付加価値をつけたい。滝野スノーワールドではしゃいでいた子供たちのために、庭にかまくらを作ろう

1m以上積もった雪(写真b)をそのまま利用して、横穴を掘ることにした。圧雪されているので頑丈な壁ができそうだが、掘り進めるのは結構きつい。除雪用スコップでは歯が立たないので、金属製のシャベルを使った。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.190 動画掘れ掘れ、かまくらづくり
           (343kb.6秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

掘れば掘るほど、外からでは力が入りにくくなる。穴がある程度の大きさになったら、中に入って作業した。

安全面を考え、「壁を厚くすること」「天井を薄くすること」を心がけた。ある程度壁に厚みがないと、重たい天井を支えきれない。屋根に雪をのせて高さを稼ぐと同時に、万が一崩れたときのことを考えて、内側から天井を薄く削った。

作業開始から1時間。汗だくになり夢中で掘り進んだ。不恰好だが頑丈なかまくらの完成(写真c)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.191 動画かまくら完成、内装披露
           (548kb.11秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

完成したかまくらは、内部高1m、床直径1.3m、入口直径70cm。子供2人と大人1人がらくらく入れる。4人用テント「エスパース」より、1回り小さいサイズだ。銀マットを敷き、愛用の小テーブルを置いた(写真d)。雪面との滑りにくさや防寒性を考えると、バスマットの方が良かったかも。

子供たちは、中でおやつを食べて大喜び(写真d)。七輪にお餅ならベストだけれど、かまくらの中というだけで充分雰囲気は楽しめる。お汁粉の代わりに温かいココアを飲んだ。

夜、ろうそくの明かりを入れてみた。「小樽雪あかりの路」のやわらかい光を思い出す。昼間とはまったく違う、大人っぽい趣。ワインかブランデーが似合いそう。

娘は「ここで寝たい」と言い出した。夏のキャンプか何かと勘違いしている。確かに、かまくらの中は勘違いするくらい暖かい。

さて、ぐんぐん気温が上昇するこれからの時期。我が家の「かまくら」は、崩れずに何日持つか。跡形もなくなる頃に春はやってくる。【h
庭に作ったかまくら
(c)
かまくら内部
(d)
夜のかまくら、ろうそくの明かり
(e)
自転車、補助輪なし
(f)
脱、補助輪

2008年4月13日、近くの公園で。

チャリダー誕生からちょうど3年。もうすぐ6歳になる長女が、「補助輪をはずしたい」と言い出した。

手で支えてスタート。スピードに乗ってきたら、そっと手を離す。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.196 動画補助輪なしでフラフラ自転車
           (1,070kb.23秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

彼女の満足げな顔が、親としては嬉しい。憧れの世界に一歩足を踏み入れた、という表情だ。

しかしながら、動画のような状態に落ち着くまでが長かった。

特に難しそうにしていたのは「発進」と「停止」。ペダルを強く踏み込めないので、スタート直後がひどくふらつく。ブレーキより足が先に出るから、勢い余って転倒する。こんなことを繰り返したので、「こけ方」だけはずいぶん上達した。

終盤、何とかブレーキは使えるようになった。「発車時の踏み込み」は今後の課題、しばらくは大人のアシストが必須だ。気持ちがスピードに負け、上半身が後傾になっているのも気になる。次回はアンパンマンのサイクルヘルメット忘れぬようにしたい。【h

関連コンテンツ「安楽サイクリング入門」へ
チャーハン作り
(g)
クッキング姉弟

2008年4月20日、自宅にて。

時々カレー作りを手伝ったことがある子供達。最近は、自分たちだけでケチャップライス作りをしている。

材料は母親に並べておいてもらう。誕生日にもらった子供用包丁を使うのは5歳の長女ソーセージを切る程度だが、手つきはなかなか。生玉子を割ってかき混ぜるのが、3歳の弟の役目だ。野菜はミックスベジタブルで済ますので、下ごしらえはとても簡単に終わった。

母親は1歳の娘にかかりっきり。ビデオ撮影をする父に調理手順などを尋ねることは無い。終始、姉弟2人だけの世界なのだ。

材料をどんどんフライパンに放り込む(写真g)。IH調理器なので子供でも扱い易い。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.197 動画ちびシェフのケチャップ炒飯
           (1,850kb.40秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

ケチャップの分量など細かいことは気にしない、豪快な「男の料理」という感じである。案の定、出来上がりはしょっぱかった(写真h)。

キャンプで子供たちが火を扱えるようになれば、食事準備が今まで以上に楽しい時間になりそう。コテージなど電気を使える所なら、今年の夏からでもいけるかも。【h
ケチャップチャーハン
(h)
竹とんぼ
(i)
竹とんぼ

2008年6月23日、自宅にて。

ひょんなことで手に入った懐かしの竹とんぼ。竹を使って手作りされた、正真正銘の本物だ。庭に出て、子供たちと飛ばしてみた。

幼児の掌では小さすぎて、上昇に必要な回転数まで上げられない。飛ばすことができたのは、残念ながら私だけだった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.202 動画庭で竹とんぼ
           (438kb.9秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

ブーンと迫力ある音を立て、ふわりと浮かぶ竹とんぼ。「すーごい!」という子供たちの歓声。父親が尊敬のまなざしで見つめられる、数少ない瞬間だ。【h






「アリ伝説」アリの巣観察セット
(j)
アリ伝説

2008年7月28日。

幼稚園は夏休み。昨年はセミの羽化に出会い、子供と共に感動した夏だった。今年はより身近な生き物、アリに遊んでもらうことにした。

小さな頃から親しんでいる虫なので、子供たちも怖がらず観察ができる。今までは庭で餌を運んでいる姿を眺める程度だったが、今年は一歩進めて、アリの巣観察セット(写真j)を購入した。

その名も「アリ伝説」。妻が近所のホームセンターで見つけてきた。大げさかつ無意味なネーミングが私好み。

30年ほど前、学研の「科学」という学習雑誌がはやっていて、小学生だった私は定期購読をしていた。とりわけ楽しみにしていたのは、その付録だ。子供でも簡単に実験や観察ができるセットが毎号付いてきた。

その「科学」に、アリ観察セットがついてきたことがあった。厚みが無い透明な容器に巣を作らせる仕組みは「アリ伝説」と同じ。大きく異なるのは「土」を用いていたこと。自然の状態に近いが、せっかく作った巣が崩れやすかった。

その点、「アリ伝説」は土ではなく「ゲル(ゼリー状の物質)」を用いているので、ちょっとやそっとの振動では崩れない。さらに秀逸なのは、ゲルそのものが「栄養価の高い餌」であること。つまり餌をやる必要が無い。写真kは、付属の粉末を溶かしてゲルを作っている様子。

アリを捕まえるのは幼児でも楽勝だ。ただし同じ行列のアリを集めること。同種のアリでも、違う行列を混ぜるとたちまちケンカが始まる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.205 動画アリを捕まえよう
           (589kb.12秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

指でつまむのは、実はNG。つぶれてアリが弱るし、危機を感じたアリが蟻酸を出して周りのアリまで死なせるらしい。理想は行列ごと紙ですくう方法らしいが、そんなの大人でも難しい。

結局我々は、小さな指で10匹あまりをつまみ入れた。その後もみんな元気に動いているので、捕獲方法についてはさほど神経質になる必要はなさそうだ。

巣作りは、昼間より夜のほうがはかどっていた(写真l)。暗さが良いのか、静けさが良いのか。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.206 動画アリの巣作り
           (511kb.10秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

餌の中に巣を作っているということは、お菓子の家に住んでいるようなもの。全てが満たされた状況で、あくせくと働き続ける理由は。「何を求めて掘り進んでいるのだろう?」と、哲学的ジレンマに陥らないのがアリと人間の差か。【h


ゲルつくり、アリの巣観察セット
(k)

















ゲルの中のアリの巣
(l)
トンボに初めてさわる
(m)
トンボ

2008年9月13日朝、子供達と公園を散歩。

トンボをつかまえた。昆虫をさわることに自信をつけた長男の影響か、次女もかなり積極的だ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.224 動画トンボ、初タッチ
           (329kb.6秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

この世に怖いモノが何も無い1歳半。数年後には「きゃー!トンボこわーい!きもーい!」とか言い出すのだろぅ?嗚呼どさん娘よ。【h






クロスバイク、SCOTT、TREK
(n)
自転車磨き

2008年10月25日、物置整理のついでに自転車(クロスバイク)を磨いた。「本気」でメンテナンスに取り組むのは、何と2002年の道北サイクリング以来。

普段は「荷物カゴ」や「子供乗せ」が付いたママチャリばかりが活躍する。クロスバイク達は盗難に気を使わねばならず、なかなか気軽に乗ってもらえない。物置で保管しているので、出し入れが煩わしいというのも一因。当然、整備の頻度は低くなる。

手前が90年代前半に購入した妻のTREK multitrack 720。奥が私の愛車SCOTT atacama(写真n)。

700CクロスバイクのタイヤはMTBより細身で溝が浅く、路面抵抗が少ない。長距離を軽快に走ることができる。パンクに強いので、ロードバイクほど路面を気にする必要がない。我々のような「徹底できない中途半端なアウトドアメン」にはうってつけ、イイとこ取りの自転車である。

使用したケミカル用品&ルブリカントは、「フィニッシュライン」シリーズの汚れ落とし・潤滑油・チェーンオイル・グリース(写真o)。いちばん右は、車用のタッチアップペン(紺色)。

「愛車」という割に手入れには全くの無頓着で、普段は汚れを軽くふき油をさす程度だ。そういえば、レガシィといいステップワゴンといい、車にもワックスをかけた試しがない。数カ月に一度のドライブスルー洗車で済ませている。どうせ山道で傷だらけになる運命。洗車よりガソリンに金をかけたい。

しかしながら今回は念入りに作業を進めた。長期間放置されこびり付いた汚れが多い。古い歯ブラシでこすり、スプレーオイルで流す。ディレーラー周辺がピカピカになっていく様は、オイル風呂から上がったC-3POを連想した。

頓着しないのは「傷」についても同様。幾度となくコケた自転車には、無数の勲章が刻まれている。傷そのものはさほど気にならないが、そこから錆びては困るので、似た色のタッチアップペンで塗装する(写真p)。色味が異なりかえって目立つけれど、それがまたいい味だったりする。

関連コンテンツ「安楽サイクリング入門」へ

h
自転車、メンテナンス用品
(o)
自転車、傷の塗装
(p)
初雪だるま
(q) 
初雪だるま

2008年11月8日朝、自宅の庭で。

札幌では数日前に初雪を観測した。我が家では本日が「初雪だるま」。早起きした子供たちが、朝飯前にちっこいのを作った(写真q)。まだ雪がしめっているので、雪玉が作りやすい。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.232 動画初雪だるま
           (341kb.6秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

バリバリ道産子のくせに雪を喜ぶ子供たち。今年の除雪腰痛とのたたかいだなぁ、とか現実的なのは大人たち。【h
bass fishing スタジャン前身頃、ラパラ・ヘドンワッペン
(r)  
フィッシング スタジャン

2008年11月29日。ひょんなことから手に入ったバス釣りワッペン付きのスタジアムジャケット。

古着のグランドジャンパーがベースになっている。メルトン&レザーのセットインスリーブ、LIGHTNING(ライトニング)ジップ仕様。タグ欠損のためブランド名等は分からず。スタンドカラーなのでカナダ製かも。サイズ表記はないが、実寸でSサイズ相当か。usedのわりに、表地・裏地・ファスナーともほぼダメージ無し。

前身頃は、バスフィッシング関係のワッペン5種でカスタムされている(写真r)。

右上にはヘドンのロゴ、その下はイリノイ州のバストーナメント参加記念と思われるワッペン。右下は、大好きなラパラのロゴパッチが付く。

左上は「ノースアメリカン フィッシングクラブ」のメンバーズワッペン、左下は9ポンドオーバーの記録?記念?パッチか。

背中には、ヘドンの大判ロゴが縫いつけられている(写真s)。緑メルトンに補色の赤が鮮やか。

バス釣りの経験が浅い私が着るのはちょいと気が引けるが、なかなか雰囲気よろし。【h
スタジアムジャンパー後身頃、釣りモチーフ、ヘドンパッチ
(s) 
 
そり遊び
(t) 
アグレッシブな滑り

2008年12月28日、近所の公園で。

スリリングなこと刺激的なことが大好きな6歳の娘が本領を発揮、久々に無鉄砲で思い切りのよい滑りを拝む事が出来た。

果敢にジャンプする姿は、見ていてスカッとする。倒立前転のフィニッシュもかなりアグレッシブ。かなりのチャレンジャーと見た。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.234 動画ジャンプ&前転、そり遊び
           (710kb.13秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

刺激的なイベントを苦手とするインドア派の弟4歳
この日も不可思議な工作にいそしんでいたが、父に半強制的に連れ出されソリに乗せられた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.235 動画3人でジャンプ、そり遊び
           (1090kb.22秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

物事を消極的に楽しめる」のが彼の持ち味だ。【h



さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム >他あれこれ >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.