公園の斜面を利用したそり遊びの動画。鳥の巣箱つくり。エゾゼミ幼虫の動画。羽化の瞬間。等々、北海道の「外遊び」をあれこれ紹介します。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 他あれこれ >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 他あれこれ(2007年)














一人用ソリ
(a)
第3のソリ

2007年2月10日、近くの公園で。

今シーズン、4〜5回は滑りに行っただろうか。我が家のそり遊びは最近、盛り上がりに欠けている。

12月のベンチ衝突トラウマを確固たるものにした息子2歳は、無理やり連れ出しても、決してソリに乗ろうとはしない。成長して恐怖心が芽生えてきた娘3歳も、2歳頃の無鉄砲さがすっかり失われ、かっ飛んだ滑りは影をひそめた。つまらん、つまらん。

臆病息子には声もかけず、今回は娘と2人で出動した。いつもの大きな2人乗り用ソリと、地元で一番ポピュラーな「一人用ソリ」を持っていった(写真a)。

一人用のそりは、幼児でも何とか引いて登れるサイズだ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.150 動画ソリが手からスルリ、脱走
           (589kb.12秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

「一人用」は、先日試した丸型そり(スノーディスク)より幅広で、小さい子には“またぎにくい”のが難点。サイドの持ち手を利用し、尻にあててから座れば、斜面でも何とか滑りだせる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.151 動画一人用ソリのスタンバイ例
           (580kb.12秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

「丸型そり」は軽くて操作性は良いのだが、スピード感と直進性能に欠け、そり本来の爽快感を味わいにくかった。

その点「一人用」は、底にしっかりとミゾ(カヌーでいうキールのようなもの。ソリの場合なんて呼ぶのでしょう?)が付いている(写真b下)。直進性はバッチリ。

両足が出るので、とっさのブレーキングは心配ない。そういえば、底面に「スキー用固形ワックス」をゴリゴリ塗る子を見かけたことがある。なるほど。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.152 動画一人用ソリでエンジョイ
           (370kb.7秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

そり3種、アイテムはそろった。あとはモチベーション【=行動へ駆り立て、目標へ向かわせるような内的過程】の問題。さて、息子を「そり滑り」に駆り立て山頂へ向かわせる内的過程とは?【h
大型ソリと一人用ソリ
(b)
鳥の巣箱作り
(c)
鳥の巣箱作り

2007年6月23日。親子で鳥の巣箱を作るイベントが、近所で催された(写真c)。

我々は金づちだけを持参、材料はセットの状態で配られた。

「大部分を父親が作ことになるんだろうなぁ」と、半ばあきらめモードで参加。試しに、5歳の娘に釘うちをさせてみたら、ぎこちないながらも予想以上に健闘していた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.167 動画鳥の巣箱づくり
           (502kb.10秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

オプションで自然木が用意されていて、巣箱の周りに装飾すると、ネイチャーな雰囲気になった。なかなかの出来上がりに、父娘とも満足。

帰宅後、フジ棚の下に設置した。スズメが毛虫駆除に一役買ってくれれば、とプラス発想の妻。糞で新車が汚されるのは勘弁、とマイナス思考の私。早く小鳥さん来ないかな、とひたすらパンくずをまく無欲の姉弟。【h
鳥の巣箱の設置
(d)
公園で虫捕り
(e)
セミの羽化ラッシュ

2007年7月26日、近くの公園の林で。

虫取りの季節(写真e)。昨夏、思いがけずエゾゼミの幼虫に出会うことができた。また面白いものが見られるかもと、私自身大いに期待して林に入る。

予想通り、現場はセミの羽化ラッシュだった。

地中から出てきたばかりのセミ。
羽化真っ只中のセミ。
羽化直後のセミ。
多様な幼虫・成虫が、至る所にいた。

目線の低い娘が発見したのは、今まさに地面から這い出してきた幼虫だった(写真f)。昨年出会ったのは木にとまっていたやつで、地中から出てきた瞬間を見るのは、私も初めて。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.168 動画土から出てきたセミの幼虫
           (384kb.7秒間.asf形式)
  No.169 動画地面を歩くセミの幼虫
           (356kb.7秒間.asf形式) 
過去のアウトドア動画

「地中で数年、ようやく日の目を…」と、しばし感慨にひたる。

背中がぱっくり割れて、現在進行形のやつも見かけた(写真g)。

この形この大きさが、いかにして幼虫の中に収まっていたのか。しかも直前まで動いていたのだ、サナギと違って。目の部分とか、ちゃんとカチッとはまっていたのだろうか。足が抜けにくそう。

林にいた30分間、羽化直後の成虫(写真h)だけでも4匹ほど見かけた。一斉羽化の時間帯にたまたま私達が居合わせたのか。セミの数そのものがやたら多いのか。

いずれにせよ、羽化を目撃すること自体さほど珍しいことではない、ということが今回わかった。何事も「意識しなければ見えてこない」ということ。ちなみに写真f・g・hは別個体。

で、娘(5歳)と息子(3歳)にカタツムリを2匹ずつつかまえた後、帰宅。大人にも十分刺激的なショータイムであった。【h
土から出てきたエゾゼミの幼虫
(f)
エゾゼミの羽化
(g)
羽化直後のエゾゼミ
(h)
庭で雪だるま作り
(i)
庭で雪遊び

2007年11月23日、自宅の庭で。

道産子のくせに、雪が降るだけで子供達は大喜び。ソリ遊びが出来るほどは積もってないので、庭で小さな雪だるまを作った(写真i)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.178 動画庭で雪遊び in 札幌
           (502kb.10秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

あさっては8℃の予報。おわんの帽子がなかなかチャーミングな雪だるま君は、どうやら短い命で終わりそう。【h









スノープッシャー
(j)
スノープッシャー

2007年12月16日。

雪不足の札幌。スキー場のオープンが軒並み遅れている。ソリ遊びも本格的にはまだまだ。

現役スキーヤーの1990年頃なら、ドカ雪が待ち遠しかった。私のウィンタースポーツは、今や「雪かき」がメイン(北海道では「雪はね」「雪投げ」とも言う)。“根雪は遅いほど良い”と思っている自分が、ちょっと情けない。

そんな札幌に、ようやくまとまった雪が降った。除雪の季節到来である。今回はママさんダンプをフル稼働させるほどではない。雪が浅いところは、除雪用スコップ(シャベル)より、ここ数年流行りのスノープッシャーが便利(写真j)だ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.179 動画スノープッシャーで除雪
           (347kb.7秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

スコップがパワーショベルなら、スノープッシャーはブルドーザー。雪をすくうのには向かないが、押して寄せるのには好都合だ(写真k)。持ち上げる動作がないので、腰への負担が少ない。1日に何度も雪かきする人なら、浅雪のうちにプッシャーで寄せるだけで済む。

地面が滑らかでないと、先端がやたらと引っかかるのが弱点。スノープッシャー愛用者は、まめで丁寧な作業を、毎日ひたすら続けている。私にはとても真似出来ない。【h
スノープッシャー
(k)



さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム >他あれこれ >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.