小樽雪あかりの路会場は、アジアの観光客がひしめいている。初めてのオーンズスキー場。東海大学建学祭でハンダ付け初体験。円山動物園。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 旅行記 > 国内旅行 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 道内の日帰り・一泊旅行(2015年)

小樽雪あかりの路
(a)
ずっきゅーん、小樽雪あかりの路

2015年2月7日、小樽雪あかりの路

同僚の皆様と好天温暖なキロロで爽快スキーの後、我が家だけ別行動で冬の祭典へ。

近隣諸国からの観光客がひしめき合う小樽運河通り。バレンタインデー直前の恋人達をターゲットにした作品群の中でも、ひときわ鮮明に「ずっきゅーん」を打ち出したハートオブジェ(写真a)。

順番待ちのアジアンカップル尻目に小6小2のガキンチョを父のカメラに収めるという、場の空気感無視した戦術がまんまと成功したベストショットだ。

GRデジタルV使用。シャッタースピード優先AEで手持ち撮影。シャッタースピード1/30、f値1.9、ISO1200。【h
スノークルーズオーンズは目の前が海
(b)
海に向かって滑ろう、オーンズ

2015年2月28日、子供達3人を連れて小樽のスノークルーズオーンズへ。小学生無料デイ

目の前に広がる海サーフ&スノーの世界(写真b)。

中斜面に作られたこぶこぶコース文字通りに乗っていた」のが、次女小2だ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.507 動画こぶこぶコースに挑戦、次女
         (3584kb.33秒間.asf形式)
過去のアウトドア動画

ワザを持たぬくせに身のこなしだけで荒波を乗り切る様は、云わばバブル期の日本経済。いつかどこかで破綻する。【h
カラコロKARAKURI展〜メカのしくみと動きのヒミツ〜、札幌市青少年科学館
(c)
歯ぐるマニア、カラクリ展をゆく

2015年4月5日、札幌市青少年科学館「カラコロKARAKURI展〜メカのしくみと動きのヒミツ」

ピタゴラ人間の長男待ちわびていたカラクリ展。入場直後からトップギアに入る饒舌ぶり(写真c)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.508 動画カムの役割、動物型カラクリ
         (2330kb.21秒間.asf形式)
  No.509 動画パイプオルガンを弾く動物
         (1683kb.15秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

小3の頃、先生に懇談会で「外でボール遊びっていうより、教室でひたすら歯車描くタイプですよね」と微妙な言われ方をされた過去を持つ長男小5(写真d)。生まれついての歯ぐるマニアだ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.510 動画歯車の展示物、カラクリ展
         (653kb.5秒間.asf形式)
過去のアウトドア動画

そんな息子を無意味誇らしいと感じるときと将来は大丈夫か?という危機感を覚えるときと、父の胸の内は両極端を短い周期で行ったり来たり。【h
歯車のラクガキ
(d)
ホッキョクグマの赤ちゃん4ヶ月、円山動物園
(e)
ズシリ感

2015年4月18日、札幌市円山動物園

大人気ホッキョクグマ赤ちゃん、2014年12月生まれ。「赤ちゃん」と呼ぶにはあまりに大きくなりすぎた(写真e)。

我が家の三女3歳と共通するのは、このところ急速にズシリ感が増していること、ソファでうたた寝する無防備父親に執拗にまとわりつき体当たりで愛情表現をすること、それも全体重を込めて。【h
(g) 
初めてのハンダ付け、建学祭

2015年6月14日、東海大学札幌校舎「建学祭」。科学実験イベント「青少年のための科学の祭典in北海道2015」。

講師の方に教わって簡単なLED回路を製作した長男小5。彼にとって人生初のハンダ付け作業だ(写真g)。

その「食い入るような視線」と「突き刺さる集中力」をガーゼに包んで優しく搾り、毎朝登校直前、彼の温かい味噌汁に小瓶から一滴。そんな、使い捨てにするにはもったいないタイプの精神力を、11年ぶりに発揮していた。【h 
(f)
三女が9割、円山動物園

2015年6月某日、三女3歳長男小5カメラ親父の4人で札幌市円山動物園へ。

結局、撮影枚数が最も多かった小動物三女。わざわざ動物園まで足を運んでおきながら、三女の画像が9割

次いでレッサーパンダ、3位がイグアナ。以上が本日の撮影枚数ランキングベスト3である。三女のお世話係徹した長男は圏外、バックヤード男子の本領を遺憾なく発揮した

それにしても、「エサやりタイム」はシャッターチャンスの宝庫だ、動物も人間も(写真f)。【h】 
岸本耕作さん(ミズノ社グラブマイスター)のグラブ作り見学
(n)
工作脳≧野球脳

2015年12月21日、北海道日本ハムファイターズ屋内練習場にて「プロ野球のお仕事見学体験&用具お手入れ教室」。

イチロー選手などのグラブを手がける岸本耕作さん(ミズノ社グラブマイスター・写真n)と、中田翔選手らのバットを製造する渡邉孝博さん(ミズノ社バット製造課クラフトマン)による実際の作業を間近で見学し、その一部を体験することができた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
  No.545 動画長男小5のバット製造体験
         (2119kb.19秒間.asf形式)
過去のアウトドア動画

野球技術的な講習の時間帯もあるにはあったが、この日の長男は完全に“工作脳”。「バット切削機」に彼が注いでいたのは、フツーの野球少年なら大谷翔平や中田翔に向けるであろう、鋭く突き刺さるタイプの熱いまなざしであった。【h
札幌国際スキー場で滑る次女小3
(o)
ひゅるひゅる、札幌国際スキー場

2015年12月31日、長女中1・長男小5・次女小3(写真o)を連れて札幌国際スキー場へ(小中学生1日券無料の振興デー)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.545 動画ひゅるひゅるコブ斜面、国際
           (4583kb.50秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

動画ではいまいち見えにくいが、一つ一つのコブは結構な深さがある。それらの隙間をひゅるひゅるとすり抜ける次女の姑息な手法があまりに巧みで、「コブそのものを克服する技術」は彼女に不必要と判断。苦手コブ斜面に関して伝授するワザ微塵も持ち合わせていない父は、胸を撫で下ろすと同時に、「その手があったか!」と思わず膝を打たずにはいられなかった。そんな大晦日の昼下がり。【h

前の国内旅行記へ 国内旅行記トップへ 次の国内旅行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 旅行記 > 国内旅行 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.