キロロは極寒快晴。長男はコブ斜面に挑戦。国際スキー場では父による小回り教室。円山動物園のレッサーパンダとカワウソ。札幌ドームと二刀流。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 旅行記 > 国内旅行 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 道内の日帰り・一泊旅行(2014年)

キロロスノーワールド
(a)
快晴のち頭脳凍結、キロロ長峰

2014年2月8日、キロロスノーワールド

ばかみたいに晴れたおかげで、本数的にも精神的にもばかみたい滑りまくった一日だった(写真a)。

折からの寒波マイナス10度を大きく下回ったキロロ。休憩も取らずスキー馬鹿になれたのは、大脳が凍り付いたせいではないかと思う。

ふせいち娘の長女(小5)は、コース脇のささやかなパウダースノーにバックカントリー魂の活路を見出した(写真b)。その後、彼女はリフトの安全バーにストックを挟まれ、真っ二つに折損。ノンストックの荒行に臨むため自ら退路を断ったというのなら、実にあっぱれな話なのだが。

己の殻を打ち破ろうとしているのか、あまりの晴天で魔が差したのか。安心・安全・安定がモットーの長男(小3)がコブ斜面に果敢に挑む姿に、目を疑った。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.471 動画コブ斜面に挑戦、キロロ長峰
           (2458kb.25秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

コブに対峙してなお「石橋を叩いて渡る」的姿勢が見られるとはいえ、息子の人生にとって一大転機なのは明らか。新たな門出を祝福したい。連戦連敗でコブの隙間にうずくまる光景が彼の生涯を暗示するものではないことを祈念し、ご挨拶とさせて頂く(写真c)。

こまわり娘の次女(小1)。はじける姉兄のかげで、大好きな小回りをちまちま続けられる空気ではないと悟った彼女は、ジャンプターンに徹し心のバランスを保っていた

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.472 動画ジャンプターン、キロロ長峰
           (1235kb.12秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

子供達は最後まで「うっひょー」とはしゃいでいるのに、父だけが心身ともに疲れ切ったのは生命力の差だからやむなしとして、この日の夜、のように寝入った私には明け方まで眠り続ける体力すら無いという、中高年特有の悪循環身にしみて感じた午前3時であった。【h
コース脇のパウダースノー
(b)
コブ斜面で転倒、キロロスノーワールド
(c)
樹氷、キロロスノーワールド
(d)





外足ターン、札幌国際スキー場
(e)
こまわりデー、札幌国際ダウンヒル

2014年3月15日。札幌国際スキー場にて(小中学生1日券無料の振興デー)。

3月も中旬。札幌国際の寒さは、脳味噌が凍り付くほどではない。子供達に頭を使わせるべく、今回「80'sバブリースキー教室」を開講することにした(写真e)。父による洗脳活動一貫である。

本日は『なんちゃって小回り講座』だ。遡れば、ウェーデルンとドイツ語で呼ばれていた時代から小回りを苦手とする父。そんな講師によるレクチャーは、自分で言うのも何だが、はったりが9割。「ガーッと削ってクルッ、ガークルッ、ガークルッ」って調子で、相変わらずつかみ所がない。

ダウンヒルコース中斜面を、無難に滑ろうとする長女小5と長男小3。この手の受講生は誉め殺すに限る。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.474 動画小回り長女、国際ダウンヒル
           (2375kb.24秒間.asf形式)
 No.475 動画小回り長男、国際ダウンヒル
           (3188kb.36秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

思い切ると歯止めがきかぬ次女小1。不整地小回りで突っ込む彼女の勇気は見習いたいが、不用意に誉めるのは考えもの。その気になって何をしでかすか。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.476 動画不整地で小回り次女、国際
           (5213kb.55秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ここだけの話、父がゲレンデで最も力を注いでいるのは、スキーではなくネイチャーフォトだという真実に、子供達はまだ気付いていないと思われる(写真f)。【h










札幌国際スキー場
(f)
キリン、円山動物園
(g)
ゾウの花子さん、円山動物園

2014年3月29日、私、妻、三女(2歳)の3人で円山動物園へ。

動物園の帰り道、「どのどうぶつがいちばんかわいかった?」と尋ねる私に「ぞうさん!」と言い放つ笑顔三女。湧き上がる徒労感。

円山動物園最後のゾウが死んで6年になる。名前は花子。ぬけるような青空の下、キリン舎(写真g)の前で三女は、この世存在しない花子の「何」を目撃したというのか。もしや、と私は身震いする。邪気のない幼児だけが希に遭遇するという、超自然現象的な例のアレか。

ゾウがいない円山動物園にも、レッサーパンダなら唸るほどいるというのに。天井のハシゴをとっとこ渡る姿が、こんなにもかわいらしいのに。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.478 動画ハシゴを渡るレッサーパンダ
           (2192kb.22秒間.asf形式)
 No.479 動画水槽で泳ぎまくるカワウソ
           (1610kb.16秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

カワウソが三女の目の前でこれでもかと力泳しているというのに。どうしてよりによって「ぞうさん」なのか。【h
ファミリーデーのキャッチボール、札幌ドーム
(h)
二刀流と新しいグローブ

2014年4月12日、札幌ドーム。試合は3対2、二刀流大谷君が10奪三振で今季初勝利した。

土日祝日のファミリーデーは、試合後にグラウンドが開放されるロボットフリーク長男(小4)と、外野フェンス際でキャッチボール(写真h)。つい先日少年野球を習い始めた彼の手には、買ったばかりのグローブが燦然と輝く。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.480 動画札幌ドームでキャッチボール
           (1274kb.11秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

果たして、「ロボットと野球」の二刀流に未来はあるのか。父親である私でさえ正直悲観的だが、当の本人は「ロボットチームと対戦する」という、かなり思い切った着地点を見据えている(写真i)。ロボットと野球を切り離すという、ごく当たり前な発想はできないものか。

さては、と私は思う。さては“ロボット”あっての野球なのか。この看過できない問題については、過去の「自作電動リール事件」あたりに伏線が潜んでいそうだが、今は考えたくない。【h】 
ロボットと野球するボク
(i)
東大雪アウトドアフェスタ2014、サッポロファクトリーアトリウム
(j)
東大雪アウトドアフェスタ

2014年4月20日、長女(小6)と長男(小4)を連れて、札幌ファクトリーのアウトドアイベントへ。

熱気球(写真j)・ラフティングカヌー自転車等のアクティビティ紹介と、チーズ・ジャガイモ・蜂蜜等の特産品展示即売。子供達はジャンケン大会で新得そばやゆるキャラグッズをゲットした。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.481 動画釣りゲームで遊漁券をゲット
           (1354kb.12秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

フィッシングゲームで私が手に入れた賞品は、然別湖の遊漁券4000円也。清冽な湖水に棲む青緑色のミヤベイワナには大きな魅力を感じるが、なにせ札幌から然別まで遙か210km。旅費や移動時間を考え合わせると、遊漁券がその真価を発揮できる可能性は、然別湖の水温よりさらに低いと思われる。【h】 
(k)
ウグイの巣窟、支笏湖水中遊覧船

2014年5月3日、支笏湖温泉。

ウグイの巣窟を見た。もちろん天然物。出航直前の水中遊覧船から見えた彼らは、単体で釣られたときのチンピラな雰囲気は無く、組織の一員としての余裕と威圧感に溢れている。そしてデカい

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.482 動画ウグイの群れ、水中遊覧船
           (706kb.6秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

なぜそこに群れているのか、原因の究明は私の望むところではない。ただ一つ、この機会に彼らに訴えたいのは、細々と釣行する小市民に阿漕な示威行為をするのは是非やめて欲しいということ。その一点のみ。【h】 
ハンモック、第4回北海道キャンピングフェア@滝野すずらん丘陵公園
(l)
少子化対策テント補助金制度

2014年5月25日、滝野すずらん丘陵公園にて。
第4回北海道キャンピングフェア。キャンピングカー・アウトドアグッズの展示即売イベント(写真l)。

再来年あたりの家族キャンプを見据え、ファミリーテントの物色に精を出すこと半日。

「当社の製品は、7人以上の設定はあいにく…」
「大人4〜5人用ですが、工夫してお詰めいただければ7名様でもなんとか…」
「こちらのイベント用テントでしたら20名は楽々…」

本日身にしみて理解できたこと。「7人家族」というのはアウトドア業界の想定からは微妙に外れているという現実。

付け加えるなら、「4〜5人用・2ルームテント」が12万円ってどうなのか。工夫して肩身の狭い思いして12万。政府による何らかの優遇措置は無いのか。少子化対策テント補助金制度とか。【h
HANABI、we love HOKKAIDOシリーズ@札幌ドーム
(m)
HANABI @札幌ドーム

2014年7月12日、長男小4とともに札幌ドーム「We love HOKKAIDO シリーズ」へ。

ホークスに逆転負けした試合の直後、敷地内の芝生に寝そべって真下から眺める花火は20分間で3000発(写真m)。

暗闇の中、大音量で炸裂する光と音を全身で浴びるときの感じは、映画館の座席で味わう「自分の周りの空間が拡がっていく感覚」と似ている。もやもやとしてして整理しきれない浮き世から逃避するのに、花火はうってつけだ。負けたときに打ち上げられてこそ、花火には大きな付加価値がうまれると思う。

打ち上げがすべて終わったときの真っ暗でしーんとした空気が、己をパーソナルな空間に一気に引き戻す。興奮してはしゃいでいる息子は、そのあたりをどう感じているんだろう、とふと想像してみた。【h
キャッチボール、札幌ドームグラウンドイベント
(n)
女子会の球界進出、日ハム観戦

2014年8月23日。子供達3人を連れて札幌ドームへ。日ハムVS西武戦、レジェンドシリーズ。

ファイターズ勝利後の花火大会は、負けたときのようなややこしい思い抜きで、シンプルに楽しめる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.490 動画勝利で花火大会、札幌ドーム
           (3940kb.37秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

最近我が家では、女子会球界進出がめざましい。この日も試合後のグラウンドでキャッチボールに励んでいた(写真n)。野球ろくに知りもしないくせに

長女小6が投げている球種は、写真判定により「フォークボール」であることが判明。どうりで、グローブに到達する手前でぽとぽと落ちるわけだ。【h】 
アルパカ@えこりん村
(o)
あるかぱ@えこりん村

2014年9月14日、えこりん村のアルパカ(写真o)。

「あるかぱ」
「へりぽくたー」
「あくすりーむ」
「せんたむくろ」

最近ムダに語彙が増えてきた三女2歳が駆使する、流暢なニホンゴ。時折ガリッと走るノイズに引っかかりを感じながらも、違和感の修正には消極的な父。もうしばらくこのままでよいかと。

▼追記 2014.9▼
我が家では「せんたむくろ(洗濯物)たたみなさーい!」と声をかければ全員が理解できる。「あたし、なんかまちがっているかも…」という疑念を三女に抱かせないためには、阿吽の連携が必要不可欠。いつまでこの状況を楽しめるか、家族全員のチームワークでなんとか持ちこたえたい。
▲追記ここまで▲
h
秋の円山動物園
(p)
序列、円山動物園

2014年10月18日、秋晴れの円山動物園昼食前に撮影した、単なる記念写真(写真p)。

何気ないひとコマではあるが、その写真が意味するものは深く重たい。そして、あまりに絶望的だ。気付かなければ良かったと思う。いや、早めに気付いて良かったと考えるべきか。

写真にうつった子供達それぞれの「の低さ」が、我が家における今現在の「序列」を示しているという現実。それは影響力の序列であり、発言権の序列であり、ひいては「食卓で、自分が好きな食べ物に、人より先にありつける序列」に等しい。

頂点に燦然と君臨するのは、「ガンコちゃん」の次女小2。石原裕次郎ばりの態度で2の座に納まっているのが長女小6。一見謙虚そうに見えて、ちゃっかり長男小4のひざの上に座る三女2歳。男子会の悲しきホープは、案の定、最底辺であった。

我が家の「生態系ピラミッド」が露呈した場所がよりによって動物園だったことが、あまりに象徴的に感じられる秋の昼下がり。【h









大谷選手の162km生体験、ファイターズファンフェスティバル2014
(q)
162km/h生体験、日ハムファンフェス

2014年11月22日。ファイターズのファンフェスティバル2014、札幌ドーム

レギュラーシーズン3位という寂しい現実を4万人で再確認し慰め合う一大イベントに、長女・長男・次女の3人を連れて参加した。三女2歳は、ときどきおもらしをしでかす上、そのたびに「よーかいのしわざだ」と時流に乗った言い訳を真顔でするため、今回は留守番の刑に処した。

オフゆるーい雰囲気で進行する会場の中にあって、唯一ピリッとできる空間が「大谷選手の162q/h生体験」のブースである(写真q)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.500 動画大谷投手162km/h生体験
           (435kb.3秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

我々庶民度肝を抜く「ちゅどーん」的炸裂音。大谷投手に対してはもちろん、あの162q/hをバットに当てられる打者たちにも最大の敬意を表したい、たとえそれがファールチップだとしても。そのぐらい凄い。【h
サンピアザ水族館
(r)
頂点捕食者2歳9ヵ月

2014年12月7日、新札幌サンピアザ水族館にて。

三女2歳の精神世界では、【魚】は2種類しか存在しない。【食べられる魚】か【食べられない魚】か。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.501 動画これたべれるー?水族館にて
           (1991kb.17秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

ヤマメサンマという水族館的な分類は、彼女の中ではほとんど意味を持たない。付け加えるなら、三女が最も好きな【魚】はにぼしである。【h
初滑り、ダイナスティスキーリゾート、北広島
(s)
マネジメント業務in北広島スキー場

2014年12月27日、ダイナスティスキーリゾート

小学生以下800円也の年末料金滑ったのは安上がりな子供達のみ。ゲレンデが見渡せるレストハウスで読書にいそしむ、ときどき昼寝。

「資金や物資の調達と交渉」「活動環境の選定」「スケジュール調整」。バックヤードでマネジメント業務に専念したおかげで、大人料金1200円を節約できた。浮いた資金を、我が家の恵まれない「ワカサギテント予算」に回せぬものか、という戦略。【h
 
札幌国際スキー場
(t)
合格。札幌国際スキー場

2014年12月31日、札幌国際スキー場にて(小中学生1日券無料の振興デー)。

我が家の「なんちゃってスキー検定」。
合格基準は以下の通り。
(1)どんな斜面でもコケずに滑り降りられること
(2)滑走中に「きぶんそうかーい!」と思えること。
(3)昼食おにぎり4個を美味しく完食できること。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.503 動画長女のフリー滑走、札幌国際
           (3984kb.36秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

めでたく長女小6は合格。はっきり言って、父が教えてあげられることは、精神論以外もう何もない。

っていうか、今より上のレベル目指されると、我が家のレジャー予算を大きくオーバーしてしまうので是非ご勘弁願いたい、まじで。【h

前の国内旅行記へ 国内旅行記トップへ 次の国内旅行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 旅行記 > 国内旅行 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.