アサヒビール工場見学。キロロ・札国際。小樽雪あかりの路。青少年科学館。円山動物園アジアゾーン。コンサ&ファイターズ観戦記。札幌散策。
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
 ホーム > 旅行記 > 国内旅行 >


アウトドアおすすめの本   hokkaidoseikatuをフォローしましょう  さくいん
 QRコード ブログ「北海道アウトドア生活」 ブログ「北海道アウトドア生活」

 道内の日帰り・一泊旅行(2013年)

レッサーパンダ、わくわくアジアゾーン高山館、円山動物園
(a)
わくわくアジアゾーン、円山動物園

2013年1月4日、札幌市円山動物園

昨年12月にオープンしたばかりの「わくわくアジアゾーン」は、寒帯館・高山館・熱帯雨林館の3棟から構成され、動物と観客のいる場所が一体となって感じられる「生息環境展示」を採用している。

コンテンツで大切なのは、物珍しさや斬新さ以上に「見せ方の工夫」である。新施設に展示されているのは、いずれも昔から円山にいた動物ばかりだ。

高山館にて。レッサーパンダはその可愛さだけでも魅力充分。加えて、ガラスがなく触れそうな距離感(写真a)や遊びの要素(インドアクライミング)がプラスされれば、人気者にならぬわけがない。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.390 動画クライミング後レッサーパンダ
           (1603kb.16秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

今回は残念ながら見られなかったが、天井の渡り木(写真b)をレッサーパンダが頻繁に行き来したら、旭山あざらし館並みに注目されると思う。足を滑らせないかちょっとハラハラしそうだけど。

寒帯館にて。寝姿の印象しかないユキヒョウが雪の上で駆け回る姿を見て、そのネーミングに合点がいった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.391 動画いきいきユキヒョウ、寒帯館
           (1795kb.18秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

今年は雪が多くて良かったね」と思えたのは、スキー場以外で今季初。【h
レッサーパンダの渡り木、わくわくアジアゾーン高山館、円山動物園
(b)







サイエンジャーの謎に挑戦、札幌市青少年科学館
(c)
ロボットおたくの休日

2013年1月5日、「冬の特別展・サイエンジャーのナゾに挑戦!」というチラシを見た長男(小2)に熱烈に誘われて札幌市青少年科学館へ。

いつもと似たり寄ったりのイベントの中にあって、「ちょうさゾーン」というブースはわりと面白かった。手がかりを集め、聞き取り調査をして、犯人を推理し逮捕する。警察の一連の活動を20分間程度で疑似体験できる(写真c)。小学校の中高学年向けだと思う。

帰り際、長男が出口付近で「案内ロボットウィンキー」に捕まった(写真d)。ピタゴラ装置マニア工作フリークな彼は、最近ロボット夢中なのだ。

ここ数年間の彼のクリスマスプレゼントを振り返ると、「工具箱&ニッパー類」とか「タミヤの工作キット」とか「ASIMOのTシャツ」とか「プログラミングロボットKIROBO」とか。ツールからアパレルまでジャンルは多岐にわたるが、ロボット関連という点では一貫してブレがない。好きなモノが明確なので、サンタさんのプレゼント選びはさぞかし楽だったはずである。

毎年秋、我が家のHDDレコーダーが「高専ロボコン・各地区予選」の録画でいっぱいになるのも、すっかり恒例になった。

そんなロボットオタクではあるけれど、昨年は釣りカヌートレッキングと、外遊び前向きな1年間だった。“アウトドア風インドア人間”として、うまいことバランスを取りながら今後も成長して欲しい。【h
winky、札幌市青少年科学館
(d)















ハの字で小回りターン、キロロスノーワールド
(e)
こまわり娘、キロロと雪あかり

2013年2月9日、キロロスノーワールド

完全に出鼻をくじかれた。札樽道は事故で通行止め、一般道は渋滞。キロロ到着は12時半を過ぎていた。

急斜面不整地も何となく滑れてしまう姉兄は、自分達の中途半端な技術にほぼ満足している。幼い頃のハングリーなオーラはもはや見られない。父による「なんちゃってスキー教室」レベルでは、彼等の残り少ない伸びしろを磨くことに限界感じる頭打ちの2人にさっさと見切りを付けて、次女の育成専念する父であった(写真e)。

次女(6歳)には「まず●●、次に■■の練習をしよう」的な順序立てた話ができない。基本自分がしたいことしかやらないので、「おねえちゃんみたいに小回りがしたい」と言い出したら、それが教える側唯一選択肢となる。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.397 動画ハの字で連続小回り、キロロ
           (1891kb.23秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

クルクルまわること、からくり人形の如し。“こまわり娘”誕生の瞬間である。ダイナミックコースにて。

スキー場デビューから数えて今回が4度目。スキー板の取り回しにだいぶ慣れた彼女は、コケても斜面のド真ん中でフリーズすることがなくなった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.398 動画スキー板のまま立ち上がる
           (972kb.11秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

お陰様で、私が斜面を登って手を貸す状況は激減した。「立ち上がること」はスキーで最も重要な技術であると断言したい。

帰り道、小樽で催されているイベント雪あかりの路」に寄った(写真f)。

K-5DA☆16-50mm f2.8撮影。手持ちでブレぬよう、シャッタースピードを上げて高ISO頼み。ロウソクだけで表情を捉えるには三脚必須か?夜景撮影はホント難しい。【h
























 
小樽雪あかりの路2013
(f)
コンサドーレ札幌VS松本山雅FC、札幌ドーム
(g)
初サッカー初コンサ、札幌ドーム

2013年3月20日、コンサドーレ札幌VS松本山雅FC戦@札幌ドーム

人生初のサッカー観戦。連れて行ったのは、これまたサッカーの「サ」の字も知らない娘2人である(写真g)。

野球(ファイターズ戦)とは全く異なる応援スタイルに、私は戸惑いっぱなし。ゲームそのものより、両者の観戦文化の違いに終始興味をひかれた。

試合前、サポーターで協力して巨大な応援フラッグやタスキ(バンデーラ)を観客席に広げた。旗の下にいるファンはどんな状態なのか、前々から気になっていた。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.406 動画赤黒の巨大タスキの裏側
           (3604kb.38秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

先制したのはコンサドーレ。後半17分、岡本のシュートが決まった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.407 動画コンサ先制!VS松本山雅
           (1747kb.18秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

勝ったような騒ぎだが、その直後2点連取され、いとも簡単にひっくりかえされた。結局1−2と逆転負け

試合後、コンササポーターの「ブーイングの嵐」に、“優しい”ファイターズファンしか知らない私は圧倒された

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.408 動画試合後ブーイング、コンサ
           (1360kb.13秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

怒号の中、「よく頑張った!」とコンサ選手に惜しみない拍手をおくるおじさんを見かけた。極めて少数派にもかかわらず、周りの空気に負けないその“勇気”にむしろ拍手をおくりたい。【h
コンサドーレ札幌VS松本山雅FC、札幌ドーム
(h)
札幌国際スキー場
(i)
ふせいち娘vsこまわり娘、札国際

2013年3月23日。基本我が家は、札幌国際スキー場へは小中学生無料の日にしか行かない(写真i)。

6歳のこまわり娘は、放っておくとクルクルとせわしない上、一本滑るのに時間ばかりかかる却下覚悟で「大回りと小回りを混ぜて滑ったら?」と助言すると、予想に反して採用された。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.409 動画ハの字でフリー滑走、札国際
           (5213kb.55秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

彼女(写真j)のフリー&イージーな性格にフィットした種目が見つかったおかげで、ゴンドラに乗れる回数は飛躍的に増えた。

不完全燃焼なのが小4のふせいち娘だ。ダウンヒルコースのコブに突っ込んで爆発したいのに、いつの間にか“こまわりちゃん”に主導権を握られ、整地滑走に付き合わされている。当然、年下優先という意識が働いているとは思う。

結局、ダウンヒルコースを滑ったのは1本のみ。コブというよりモサモサ雪だったが、長女幸せそうにはじけていた(写真k)。

リングになかなか上がろうとしないのは長男である。「吹雪いてきたからちょっと休憩しようか…」という彼らしい提案一瞬で退けられても、争う姿勢をほとんど示さない。「花を持たせる」というより「太刀打ちできない」というその表情からは、あきらめを超えた悟りが感じられる。【h
 
札幌国際スキー場
(j)
不整地ダウンヒルコース、札幌国際スキー場
(k)








中川ライター店、狸小路4丁目、札幌
(l)
札幌模型屋ウォーカー

2013年4月13日、長男(小3)と札幌の街中を散策

本日のテーマは“工作マニアのぶらり街歩き”だ。札幌駅からスタートして大通り・狸小路周辺をひたすら歩く、歩く。

「中川ライター店」は狸小路の老舗模型店(写真l)。ライターを扱ってはいるが、店内の大半を占めるのはラジコンやら鉄道模型やらモデルガンやらタミヤの工作キットやら。所狭しと陳列されたごちゃっとした雰囲気が、その手のマニア夢中にさせる。

同じく狸小路の「梅澤無線」は電子部品を販売するプロショップだ。小さな店の一角で、プログラミングロボット「KIROBO」など、入門者向けの電子工作キットを販売している。息子が買ったのは、タミヤのプーリー(s)セット。彼の工作趣味はどちらかというとメカニカルな方向に偏っている。それならと私が購入したのは、エレクトリカルに「FMワイヤレスマイクキット」840円也。半田ゴテを握るのは十数年ぶりである。

札幌パルコの『レゴブロックで作った世界遺産展』は激混みだった(写真m)。パルコ7階フロアに20〜30分待ちの行列ができていた。

どの作品も完成度は高い。素人目に感心するのは、「ピラミッドの崩れた壁面」や「ジャイアントパンダ」など、形が整っていないモノや丸っこくて柔らかいいモノを、角張ったプロックで作り上げていること。毛筆フォントをドットで表現するのとちょっと似ている。

本日の街歩きルートは下記の通り。札幌駅から地下歩行空間(チカホ)をぬけて
 (1) レゴ作品めぐり 【大通り周辺】
 (2) 中川ライター店 【狸小路4丁目】
 (3) 梅澤無線 【狸小路7丁目】
 (4) 東急ハンズ 【南1西6】
 (5) 札幌パルコ『レゴ展』 【南1西3】
最後はチカホで札幌駅へ。

6時間で12,066歩。札幌駅に戻る頃、私の脚はヘロヘロだった。歩数以上に疲れを感じたのは、立ったまま品物を眺める時間が長かったからだと思われる。同じ状況の息子は、疲れた表情を見せるどころか瞳にはメラメラと工作魂の炎が。大いなる“モノ作りの神”が降臨していた(写真n)。【h



「レゴ(R)ブロック」で作った世界遺産展、札幌パルコ
(m)
タミヤのプーリーセットで工作中
(n)



















青風船を飛ばすタイミングを待ちわびる、7回裏日ハム攻撃前、札幌ドーム
(o)
ファイターズ応援スタイル

2013年4月28日、北海道日本ハムファイターズVSオリックスバファローズ@札幌ドーム

マイルドかつファミリーなのがファイターズファンの応援スタイルである。1回表、オリックスに移籍した糸井が登場すると、敵チームにもかかわらずなんと拍手喝采。その温かい空気感の中でブーイングするのは、かなりの度胸が必要とされる。コンサドーレの応援とは真逆の雰囲気だ。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.413 動画メガホン叩き応援、日ハム戦
           (1411kb.14秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

7回裏。青いジェット風船を飛ばした直後、失った以上の風船を回収したのは観戦に連れてきた長女(小5)長男(小3)。日頃からリユース精神を養っている我が家では、備蓄バルーンが増える一方だ(写真o)。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.414 動画7回裏の青風船、日ハム戦
           (1351kb.13秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

9回裏1アウトをとった頃、ファンが一斉に金色のジェット風船の準備を始める。日ハムが勝利したときだけ飛ばす金風船は、青いものより割れやすい。スタジアム中で「パンッ」「パンッ」という音が立て続けに鳴り響いた。破裂した風船はかなりの数に及ぶ。選手の集中力に支障をきたさないか心配になるレベルだ。この日、武田久が2アウト後に連打されたのも、破裂音の影響ではないかと疑わずにはいられない。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.415 動画久がしめて金色ジェット風船
           (4016kb.42秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

しびれる試合だった。2対1で勝つには勝ったが、ヒット数はなんとオリックスの半分以下であった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.416 動画勝利の花火、日ハム戦
           (1050kb.10秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

試合終了後、祝祭日イベントグラウンドに降りることが出来た。さっきまで中田翔が立っていたバッターボックスに入るのは、大人でもちょっと興奮する(写真p)。整備されてないままなので、の臭いが漂ってきそうだ。

観戦レポートにもかかわらず、野球のプレーには一切コメントしないのが当サイト流。おびただしいプロ野球ファンを相手にしての中途半端うんちくは、毒にも薬にも何の情報にもならない。【h
















試合後、内野はフリースペース、札幌ドーム
(p)
アサヒビール工場見学
(q)
鼻ホップ、アサヒビール工場見学

2013年5月5日、アサヒビール北海道工場。

事前に予約していたクイズツアー付きビール工場見学。クイズの答えを記入してクロスワードが解ければ、最後に景品をもらうことができる(写真q)。

途中、二条大麦の試食コーナーがあった。六条大麦との違いは穂に付く実のなりかた。二条は2列、六条は6列に実が並ぶということを初めて知った。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.417 動画大麦試食、アサヒビール工場
           (13471kb.13秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

乾燥ホップのブースでは、実際に手にとって独特の香りを嗅ぐことができる(写真r)。ドライフラワー状態のホップは非常に軽く、確かにビールっぽい匂いがした。

ただし顔を近づけすぎると、吸い込んだ勢いでヒラヒラしたかけらが鼻の穴に飛び込んでくる。鼻壁に張り付いたホップは恥ずかしいだけで実害はないが、かなり慌てるので気を付けた方が良い。

待ちに待った試飲タイムは、実質20分強で3杯まで飲むことができる。最初の1杯は有無を言わせずスーパードライ。2杯目からはドライブラックにもOKが出た(写真s)。おつまみに「おっとっと」が付いてくる。飲酒ができない人は、ノンアルコールビールかソフトドリンクを選ぶことが可能だ。

せっかくなので3杯飲ませてもらったが、300ml前後のグラスで3杯は私の定量を完全にオーバー。帰宅後は、酔いが回ってベッドで過ごす羽目になった。

我が家でレジャープランを立てるときは
 ・交通費移動時間がかからないこと
 ・無料or格安イベントであること
 ・外食産業宿泊施設を利用せずに済むこと
の3点が大きなポイント。子供が4人、うち1人が乳児という家族構成がネックになる。キーワードはリーズナブル安近短だ。

対費用効果の視点でいうと、「何処で何をして何を手に入れたか」より、同じコストで「最終的にどんな気持ちになれたか」が、我が家では最も重視される。タダ酒でばっちり酔っぱらった父はもちろん、子供達(1歳の三女以外)も充分楽しんでお土産までもらえた今回のプランは、まずまず合格点だ。 【h
乾燥ホップ、アサヒビール工場見学
(r)
スーパードライ・ドライブラックの試飲、アサヒビール工場見学
(s)









レッサーパンダにエサやり、札幌市円山動物園
(t)
餌やりタイム、円山レサパン通信

2013年6月23日、札幌市円山動物園

良くレッサーパンダ餌やりタイム遭遇できた(写真t)。食べ物を口にするときのあどけない表情が、人間の赤ちゃんのようでとてもキュート

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.423 動画餌やりレッサーパンダ、円山
           (863kb.8秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

人類の乳幼児との大きな違いは、おでこに拡がったミートソースを拭き取ったり、耳たぶに付いた海苔をはがしたり、足裏の納豆を取り除いたりする手間がかからないことだ。

世の中一般において、“可愛らしさ”をコンテンツのメインに据える手法は、斬新ネタが尽きたときに威力を発揮する。TV界同様、私のウェブサイトでも“困ったときの子供動物頼み”なのである。【h
市電(路面電車)、札幌市営交通
(u)
新型車両で行く、札幌市電通信

2013年9月16日、長男(小3)にせがまれて新型車両に乗る、の巻(写真u)。

路面電車の乗り方。車両が到着したら後ろから乗る。低床車両は段差がない。脇目もふらず乗る。財布は用意しなくてよい。整理券も無い。すいていたら座る。深呼吸する。雨の札幌市街を眺める。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.446 動画新型車両に乗車、札幌市電
           (1581kb.16秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

降りるときは170円ピッタリ用意する。お釣りはもらえないぞ。小銭がなければあらかじめ両替をする。その点SAPICAは便利便利。

以上、初めて乗り物緊張の連続だ。札幌に住んで30年間乗ることがなかった市電。今後30年間は乗らない気がする。【h
紙飛行機製作、AIR-G 丘珠空港Meeting! Vol.4
(v)
飛べ!紙飛行機、丘珠空港格納庫

2013年10月12日、長女(小5)・長男(小3)・次女(小1)と共に「AIR-G 丘珠空港Meeting! Vol.4」に参加した(写真v)。

「いつの日か自作ロボットに乗って空を飛びたい」という壮大な目標を掲げている長男(小3)。科学関係の催しは、そんなインドア息子の大好物だ。

今回は“飛行機”に特化した無料イベントである。まずは、講師の方に教えていただき紙飛行機を製作。子供達は手で飛ばすタイプ、輪ゴムで飛ばすタイプの2種類を作った。

北海道エアシステム格納庫(写真w)へ移動後、自作紙飛行機コンテストの開催。 「飛距離の部」では息子が持ち味を発揮し、“予選3位”という微妙な結果を残した。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.451 動画紙飛行機コンテスト距離入賞
           (4871kb.52秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

“自作ロボットに乗る”ことと“空を飛ぶ”ことを別々に追求すれば少しは現実的なのに、息子はどうにもその2つが切り離せないタケコプターを3度試作している彼の机には、『ライト兄弟はなぜ飛べたのか』と『わくわくロボットワールド』が2冊並んで置かれている。【h】 
紙飛行機コンテスト、北海道エアシステム格納庫、AIR-G 丘珠空港Meeting! Vol.4
(w)







は虫類・両生類館、円山動物園
(x)
生態系ピラミッド考、円山動物園

2013年10月26日、札幌市円山動物園(写真x)。

我が家の“生態系ピラミッド”において、常時頂点君臨する三女1才。彼女の動物園デビュー戦は「アムールトラに圧倒されあとずさり」という、波乱の幕開けとなった。

■アウトドア生活を動画で紹介します。
 No.457 動画アムールトラにあとずさり
           (1543kb.15秒間.asf形式)
 No.458 動画マレーグマ大接近、円山zoo
           (1491kb.15秒間.asf形式)
 No.459 動画空から餌が降るオオカミ舎
           (2272kb.23秒間.asf形式)

過去のアウトドア動画

押しの強いマレーグマに目が泳ぐ三女。オオカミ舎では「勝者のみが獲物にありつける」という肉食系の掟を再認識した。

我が家“最下層”に甘んじてきた男子会が形勢を逆転するためのヒントが、円山動物園の随所に転がっている。【h
札幌国際スキー場
(y)
予備フェチ兄の真実、札幌国際

2013年12月31日、ジュニアスポーツ振興デー(小中学生無料)の札幌国際スキー場にて(写真y)。

ゴーグル忘れた」と長男(小3)がに打ち明けたのが、スキー場で着替えをしているとき。それだけの話なら、「次は気を付けなさい」という私の一言で済むはずの茶飯事だった。

父の逆鱗に触れた要因は、それまでの経緯にある。

先日のソリ滑りで使用したゴーグルを、息子がそのまま公園置き忘れたという不祥事に対して、まずはイエローカード1枚目。置き忘れに気付いたのがスキー前夜の持ち物点検の時ならまだしも、そのチェックをくぐり抜け当日朝の出発直前に発覚、という点検の甘さに2枚目のイエローカード。

この時点で“即刻退場”を大目に見たのは、せめてもの親心だった。にもかかわらず、父が提案した「昔使っていた古いゴーグルを持っていけ」という善後策を、生返事とともに右の耳から左の耳へスルーした彼の姿勢は、一発レッドカードでも誰も文句は言うまい。

如何せん、“スルー”が明るみに出たのがスキー場の荷物置き場だったこともあり、レンタルゴーグル代500円を息子の小遣いで支払わせるのが私にできる精一杯の教育的指導であった。嗚呼、不必要なものは予備まで持ってくるくせに。

肝心のスキーはといえば「空は気持ちよく晴れわたり、次女は相変わらずこまわり娘であった(写真z)」とだけご報告申し上げ、甚だ簡単ではございますが年末のご挨拶に代えさせて頂きます。皆様よいお年を。【h
















次女のこまわり、札幌国際スキー場
(z)

前の国内旅行記へ 国内旅行記トップへ 次の国内旅行記へ


さくいん】【】【】【】【】【】【】【】【】【
 ホーム > 旅行記 > 国内旅行 >
ホームアウトドア入門釣行記キャンプ記愛用品紹介自作ルアー旅行記他あれこれリンク集メール
更新情報人気順ブログサイトマップ掲載歴リンク自由・相互リンクOKご意見・ご感想・ご質問
相良の窓・アウトドア Copyright © 1996-2017 sagamado All rights reserved.